FC2ブログ

Cachicamo al morrocoy アルマジロとアカアシガメ スイカTVでスペイン語

こんにちは
ぺら子です。

世界の動向が気になる中で
ベネズエラのニュースが
SNSのTLに多数飛び込んでくるのですが
日本では情報が少ないので
ネットで現地のLive映像配信を
検索してみました。

rs_lapatillatv.jpg 
La Patilla TV という
べネスエラのニュース配信サイトです。

Patilla (パティージャ)はスイカのこと。
なので、ロゴのイラストにも描かれています。

スペイン語はまだほとんど
勉強していませんが、
多少、耳慣れしてるフランス語や
イタ飯好きが高じて耳に馴染んでるイタリア語と
同じラテン語ですので、
なーんなく漠然とですが、わかったような
わからないようなListening ですが
耳慣らしには、こうしたLive配信は重宝しますね。

 La Patilla TVのHPでは
いろいろな記事を読むことができます。

よくわからないながら、
べネスエラ情勢を伝えるニュースの中で気になったのは
抗議のバイオリンを弾いていたことで
世界的に有名になった青年

Wuilly Arteagaさんのツイッター
@WuillyArteaga でも この記事が引用リツイ-トされています。

怪我を負って病院に運ばれても、
バイオリンを奏で続けるWilly Arteagaさんの姿を見て
この国の人々にも、早く平穏な日々が来て欲しいと
祈るばかりです。

さて、Wuilly Arteagaさんの記事のタイトルにある
Cachicamo al morrocoy 
とは? 意味がよくわからないので、調べると
アルマジロ(cachicamo/読み:カチカモ )と 
アカアシガメ(morrocoy/読み:モロコイ)
だそうです。

Willy Arteagaさんのツイッターには
¿Cachicamo al morrocoy?
Así titulé mi respuesta a los señalamientos del director Ron Davis Alvarez de El Sistema 
とあります。

Google翻訳に頼りながらも
「アカアシガメにかみつくアルマジロ、というタイトル。その心はベネズエラの子供オーケストラ〝エルシステマ〟の指導者ロン・ダビス・アルバレス先生の揶揄・愚弄に対する私の答え」
というニュアンスでしょうか? 

そして、
アカアシガメは、ロン先生で
アルマジロが、ウィリー青年
でしょうか?

もっと正しい解釈があれば、教えてくださいね。

さて、上記のスイカTVサイトの記事を受けて書かれた記事が、
というニュースサイトにもありました。
これを読むと、さらに理解が深まります。

さて、今日も何か、
スペイン語のフレーズを丸暗記したいと思います。
CARAOTA  DIGITAL の目的は
Dando la cara por la noticia en Venezuela y el Mundo
(ベネズエラと世界のニュースのピックアップ)
とあるので、マーカー部分を丸暗記。

※ dando =given
     la cara = the face  la は女性名詞の定冠詞
     por= for
     la noticia=the news
    en =in
    Venezuela =Venezuela 
    y =and
    el Mundo = the world  * Mund は大文字 elは男性名詞の定冠詞
 Dando la cara は 顔が与えられてくるということは、
 日本語で言うアップになる感じでしょうか?
 なので、ピックアップ、クローズアップの訳ではどうかしら?

さてさて、Wuilly Arteagaさんの記事は
ハフポストの日本語版でも読むことができます。

いやはや、今日も
結構、深堀りになりました。

ただし、あくまで、このブログでは
Listening上達が目的。
基礎的な語彙を知ることも目的。
まだ言語をよく理解できないので、
イズムとかにはまったく言及できないので、悪しからず。
不十分な理解で、齟齬があってもごめんなさい。

とはいえ、最後に気になる (あくまで、ミーハー的に)
の情報はコチラ! ↑をクリック(英語なので読んでおくと語彙増えるかと)

ではでは、Ciao!
スポンサーサイト
pinkyperalingua
Posted by pinkyperalingua
投稿 2017年08月01日
最終更新 2017年08月01日

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply