FC2ブログ

ジョージア(カルトリ)語ブーム来る!

こんにちは、ぺら子です。
まるちりんがるらいふを目指して、
世界のいろいろな言葉に出会う中、
まあるい文字を使うジョージア国の
カルトリ語(kartuli /ქართული)に魅了されてます。

そして、日本では大相撲初場所で平幕優勝した
栃ノ心がジョージア国出身なので、
すわ! カルトリ語ブームが来そうな予感!

まずは、ジョージア国で報道されたカルトリ語のニュースでListening!



最初は、このまるい文字がさっぱりかっぱりなわけですが
相撲は სუმოს (Sumo)
栃ノ心は ტოჩინოშინის (Tocinosin)
と書きます。
母音と子音の組み合わせなので、いくつかの単語を覚えていけば
その法則がだんだんわかてくると思います。

ა 母音のア
ი 母音のイ
უ 母音のウ
ო 母音のオ
・・・・だろうなって。

カルトリ語はすでにこのブログでも
「黒海の国ジョージアと丸い文字」の記事で取り上げています。
カテゴリリストにもカルトリ語を入れましたので
覗いてみてくださいねl

カルトリ語は、一般的には、ジョージア語と呼ばれ、
昔はグルジア語と呼ばれていました。

ジョージア国は
かつてはソ連邦に加盟し、
東ヨーロッパ圏(西アジアという見解もあるが)
なのに、アルファベットやキリル文字を使わないので
なんだか、スペシャルな文化というイメージですが
カルトリ語をListeningすると、案外耳に入ってきやすいので
ネットラジオなどでも聞くようにしています。



こちらは、カルトリ語のインターネットラジオ

さて、ジョージア国は黒海に面した豊饒な国土で
ブドウ栽培が盛んでワインが有名です。
ワインのおいしい国は、食べものもおいしいわけで
ハチャプリ(ხაჭაპური)という、卵とチーズを浮かべたように焼くパンが有名です。

ハチャプリを紹介した動画でもたっぷりListening!が楽しめますよ!




そして ヒンカリ(გურმანია)と呼ばれるギョウザも有名。
ロシア料理にペリメニ(пельмени)というギョウザとラビオリに似た料理がありますが
ヒンカリは小籠包のごとし!



ではでは、Ciao!
ますます、カルトリ語を好きになったぺら子
勉強を続けます。

スポンサーサイト
pinkyperalingua
Posted by pinkyperalingua
投稿 2018年01月30日
最終更新 2018年01月30日

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply