FC2ブログ

マルチリンガルなPatrick先生から新年のご挨拶!

こんにちは!
ぺら子です。
明けましておめでとうございます。
12月は、日本語漬けの仕事にかまけてまして、
ちょっとブログのアップが滞りました。

しかし、新年改めて、
今年も、Listeningダメダメを克服すべく
頑張ります。
よろしくお願いします。

まずは、この動画で
30か国語の「あけおめ」をどうぞ!



この動画、作成はベルギー出身のPatrick先生。
なんと30か国語で新年のご挨拶。

順番に・・・

Happy new year (英語)
Bonne année (フランス語)  
Hyvää uutta vuotta (フィンランド語)
Frohes neues Jahr (ドイツ語)
Καλή χρονιά (ギリシャ語)
नए साल की बधाई (ヒンディー語)
Boldog új évet (ハンガリー語)
Selamat Tahun Baru (インドネシア語)
Buon anno(イタリア語)
明けましておめでとうございます(日本語)
새해 복 많이 받으세요(韓国語)
Godt nytt år(ノルウェー語)
Szczęśliwego Nowego Roku(ポーランド語)
Feliz Ano Novo(ポルトガル語)
La mulţi ani(ルーマニア語)
С новым годом (ロシア語)
Srečno novo leto(スロベニア語)
Feliz año(スペイン語)
Gott nytt år(スウェーデン語)
สุขสันต์วันปีใหม่ (タイ語)
iyi yıllar (トルコ語)
Chúc mừng năm mới (ベトナム語)
سنة سعيدة (モロッコ・アラビア語)
Feliz Ano Novo (ブラジル・ポルトガル語)
Честита Нова Година (ブルガリア語)
新年好 (中国語)
Sretna Nova godina(クロアチア語)
Šťastný nový rok(チェコ語)
Godt nytår(デンマーク語)
Gelukkig nieuwjaar(オランダ語)

※必ずしも、言い方は一通りではありません。別の言い方がいくつもあるはずです。
La mulţi ani(ルーマニア語)はHappy Birthday としても使います。
※タイ語では文末に話者が男性ならครับ(クラップ)、女性ならค่ะ(カー)をつけて区別します。

Patrick先生はlinguistmailというYouTubeチャンネルで、Multilingualな動画をアップしています。
Patrick先生は20か国語以上の言語を学び、情熱をもって外国語を教えているそうです。
ぺら子は、Patrick先生のコンセプトに共鳴(激しく同意)してます。

◆言葉はまず、なにはともあれ、単語を覚えること!(ボキャブラリーを増やす)
◆ひたすら、ネイティブの会話を聞くこと(今はネットにある動画を活用し倒す)
◆ひたすら、ネイティブの発音をまねること(Shadowingの徹底、ものまね!)
◆文法はあとまわし。

童心にかえってやればよいのです。
(日本人だって、日本語文法はそう熱心に深くは勉強しないはず)

今年は、Patrick先生についていきます!
Patrick先生は Learn 30 Languages! というサイトにどしどし単語をアップしてます。
ぺら子も活用させていただきます。

他にも似た動画がありますので、ご参考までに



やはり、その国の人が話す、年越しの言葉は、感動的なものがあります。
↓この動画は2016年の新年を迎えたNY。
これを見ると、世界中の人々と仲良くなって、心を通いあわせたいと強く思います。
ぺら子も語学の勉強がんばります。



*************************************
☆追記

もちろん、語学の勉強は、単語を覚えただけでは終わりません。
レベルがあると思います。
ウルトラ初級 その言語の文字を見て何語だかわかる&聞いて何語だかわかる。
初級 その言語のいくつかの単語を知っている(読める、聴ける、発音できる)
初級プラス その言語で挨拶や、簡単な会話ができる、数が数えられるなど(旅行できる程度)
中級 その言語で日常会話ができる(あくまで、外国人として)
中級プラス その言語で、ある程度の文章は読み書きができる。
上級 その言語で、日常生活に支障なく会話、読み書きができる。(かなりネイティブ)
上級プラス その言語で、ネイティブとほぼ同等に、会話、読み書きができる。
ウルトラ上級 その言語で、ビジネス、学問、外交等専門分野において通用する語学力を備える。

ぺら子は日本人ですが
日本語は、完璧なウルトラ上級かというと、ちと自信がありません。
でも、大半の日本人が上級プラスで、自分の仕事に限っては、ウルトラ上級であるはず。

で、今の国際社会。
できれば、英語もウルトラ上級として「通用する語学力」は必要だと思います。
2020年の東京五輪までに、英語は相当頑張らないと!

で、あと3か国語くらいは、中級プラスか上級レベルにしたいです。
ぺら子の場合は、フランス語で頑張るのが近道。
あと2か国語はどうしようかな・・・
やはり、中国語は必須。
できれば、アラビア語もと思ってますが・・・

その他の言語は、初級プラスか中級までが目標です。
ともあれ、新しい言葉に出会ったら、どんどん脳みそにインプットです!
現代の日本語は外来語をたくさん同化させて使っているので、
(というか、日本語は歴史的に、外国語を積極的に取り入れてきたので)
日本人は、もっともっと、マルチリンガルになれると思いますよ!
とにかく、Patrick先生の教えにしたがって、単語を増やし、マネして声に出して覚えたら
どんな言語も初級プラスくらいはいくでしょう。
初対面で外国の人にあったら、その国の言葉で初級プラスくらい話せたら
とても親しみをもって歓迎してくれると思います。
(ただし、英語は別ものです。あれはグローバルな汎用言語だから、使いこなせて当たり前・・涙)

スポンサーサイト
pinkyperalingua
Posted by pinkyperalingua
投稿 2018年01月02日
最終更新 2018年01月02日

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply